Skip global navigation and go to header navigation

Skip global navigation and read the article

Skip global navigation and go to local navigation

Skip global navigation and go to footer navigation



Top Page >  Event

Event


ドストエフスキー家の領地(ダロヴォーエ・チェルマシニャー)

I 名古屋セクション
International Workshop/Symposium on Dostoevsky in NAGOYA
◆2018年3月10日(名古屋外国語大学;中央図書館5階;511教室)
◾️ドストエフスキー国際ワークショップ「ドストエフスキーにおける《病》の想像力」
10時30分~12時 図書館5階:多目的室 開場10時15分
 全体進行:亀山郁夫
・基調報告 越野剛(北海道大学准教授)
 「ドストエフスキーにおける病と火事」
・コメンテーター デボラ・マルティンセン/望月哲男
 (定員がありますので、先着順で受け付けます)

◾️ドストエフスキー国際シンポジウム「ドストエフスキーと世界文学における《赦し》」
13時30分~17時 511教室 開場13時15分
 全体進行:梅垣昌子(名古屋外国語大学教授)
・作品紹介:亀山郁夫(名古屋外国語大学長、日本ドストエフスキー協会長)
     「『白痴』について」
・基調講演:デボラ・マルティンセン(コロンビア大学教授、国際ドストエフスキー協会元会長)
     「非寛容の悲劇——ドストエフスキー『白痴』論」
     Deborah A. Martinsen, “The Idiot: A Tragedy of Unforgiveness”
・朗読 たかべしげこ「イッポリートの告白」(ドストエフスキー『白痴』より)
    山田信晴 パーカッションによる演奏
・国際シンポジウム「ドストエフスキーと世界文学における《赦し》」(司会:亀山郁夫)
 望月哲男(北海道大学名誉教授、国際ドストエフスキー協会副会長)
 番場 俊(新潟大学教授)
 林 良児(名古屋外国語大学教授)
 甲斐清高(名古屋外国語大学准教授)
 (自由にご参加いただけます)

ーーーー
II 東京セクション
International Symposium on Dostoevsky in TOKYO
◆2018年3月13日(東京大学;本郷、文学部法文2号館1番大教室;14時~17時)
◾️ドストエフスキー国際シンポジウム「ゼロ年代のドストエフスキー」
全体進行:沼野充義(東京大学大学院教授)
作品紹介:諫早勇一(名古屋外国語大学教授)
「『罪と罰』について」
・基調講演:デボラ・マルティンセン(Debora A. Martinsen)
:「ドストエフスキー『罪と罰』における恥と罪」
・特別講演:平野啓一郎「ゼロ年代のドストエフスキー」
・シンポジウム「ドストエフスキーにおける善と悪」
 全体進行:沼野充義
 パネリスト
 デボラ・マルティンセン(コロンビア大学教授、国際ドストエフスキー協会元会長)
 平野啓一郎(作家)
 亀山郁夫(名古屋外国語大学長、日本ドストエフスキー協会長)

 (自由にご参加いただけます)

ーーーー
《全体参加者一覧/プロフィール》
デボラ・マルティンセン(Deborah Martinsen,コロンビア大学教授、元国際ドストエフスキー協会長)
望月哲男(北海道大学名誉教授、国際ドストエフスキー協会副会長:ロシア文学)
番場 俊(新潟大学教授:ロシア文学)
越野 剛(北海道大学准教授:ロシア文学)
林 良児(名古屋外国語大学教授:フランス文学)
梅垣昌子(名古屋外国語大学教授:アメリカ文学)
甲斐清高(名古屋外国語大学准教授:イギリス文学)
ーーーー
平野啓一郎(Keiichiro Hirano, 作家)
諫早勇一(Yuichi Isahaya, 名古屋外国語大学教授、ロシア文学)
沼野充義(Mitsuyoshi Numano, 東京大学大学院教授、スラブ文学、比較文学、現代日本文学)
亀山郁夫(Ikuo Kameyama、名古屋外国語大学長、日本ドストエフスキー協会長、ロシア文学)
ーーーー
たかべしげこ(オペラ演出家、女優)
山田信晴(パーカッション奏者)